トップ  > 片付け  > 板橋区-自殺した後の遺品処分でした

お問い合わせ先

お問合わせ窓口 : 
片付け屋ライフサービス
ゴミ屋敷片付け本部

〒 358-0013
埼玉県入間市上藤沢881-1

  • 電話:04-2990-3737

埼玉倉庫

営業店のご案内 

RSS1.0    RSS2.0 

板橋区-自殺した後の遺品処分でした

正月明け早々の仕事は、自殺後の遺品整理でした。
同棲中の男性が、12月31日の夜に首吊りして亡くなり、そこ後の警察の検死が終わり事件性なしと判断されて、私たちに部屋の遺品物を彼女が片付けを依頼してきました。
部屋は、ゴミ屋敷というほどでは、ありませんが、後何年かすると、ゴミ屋敷になってもおかしくない状態でした。
片付けの量よ作業は、比較的軽めでしたが、作業は、中々進みません。
お客さんの指示で、確認しながら要らないものを運び出すのですが、まだ、事件のショックと思い出の記憶が、真新しくて、作業の合間、合間で、思い出話が、出てきます。
本人からは、彼が、自殺した理由がわからないと言います。クリスマスイブもこの部屋で楽しく過ごしたと思い出を語りました。彼女は、看護師さんで夜勤があり、自殺した31日は、病院でしたと。
風呂場のバスタブに水がまだ残されていました。彼女は、それを見て、悲しい顔で、私が病院に出勤する前、二人でお風呂に楽しく入った、まだ、風呂の水を抜かないでほしいと。
最後に、テーブルに着いた彼の血を拭き取りして作業を完了しました。
 
今回の料金⇒1640,000(税別)
内訳・作業日数1日間・スタッフ延べ3人・使用トラック2トン1台・オプション25,000円(お掃除代)
特記事項:お客様との共同作業で、残す物・処分する物の分別作業に時間がかかり、スタッフ3名が6時間ほどの片付け作業でした。

​​​​​
担当店
片付け屋ライフサーヒス:板橋店

板橋区南常盤台1-11-6
板橋区の部屋片付け・清掃は、板橋店対応しています

ブログ記事内容は、個人情報の観点から脚色して作成してあります。また、掲載のお写真は、イメージで、現場の写真は、お客さまの承諾を受けております。



 
at 2017/11/20 09:09:56